漫画ネタバレタイムス 「Dr.STONE(ドクターストーン)」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ドクターストーン200話ネタバレ『FUTURE ENGINE』

ドクターストーン ネタバレ

週刊少年ジャンプ 2021年28号(6月14日発売)「Dr.STONE」第200話
目指すところが、宇宙だと明確になった千空たち。
さっそく役割分担をして月旅行へ準備を始めた。本格始動に胸は高鳴る。

前回 今回 次回
199話 200話 201話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:稲垣理一郎「Dr.STONE 200話 」

ニューペルセウス号を製作開始

ゼノたちがロケットエンジン、千空がニューペルセウス号の製作と役割分断を決め、ペルセウス号を救出し、それをぶっ壊した千空たち。

やる気になっている中、チェルシーがふとそもそもの燃料である石油はどうするの問題に。

この世界に石油なんてない・・・。

燃料を入手する術がないと焦る。

それを聞いて、七海龍水はまた帆船作りができると胸を高鳴らせる。

しかし、千空には考えがあるようだ。

未来エネルギーでは知らせるのだという。

その未来エネルギーの正体は・・・「生ゴミ」であった!!腐敗を放ち、ただのゴミかと思いがちのその残骸は、なんとバイオ燃料になる今の人類にとっては宝の宝庫だということが発覚。

ガスタンク作り

千空が葉っぱや食べかすや、糞やらをどんどんぶちこんで腐ったガスを集めると意気込むが、他のみんなは絶望の表情である。

特にトラウマ持ちのスイカは顔面蒼白である。

しかし、生ゴミなどを集めたとしてもそのガスを集める施設が必要。

さらに千空がガスを貯めるためのタンクを作るぞと叫ぶ。

そんな姿をみて、ゲンが石化する前に見たことのあるタンク、それを作るのはドイヒーなのではと焦り出した。

とにかく早くタンクを作らないと、石化とかじゃなくガスの臭いで人類が滅ぶ。

しかし、当然のように千空はそれも考えていて既にカセキにタンクを作ってもらっていた。

完成したのは球体ではなく、多面体である。

そしてさっそく、千空はタンクに水を入れて中で爆発させる。

すると、爆風がおきた。

そしてそれによって満たした水が勝手にキレイな球体になるというのだ。

そして本当に多面体だったタンクが綺麗な球体になった。

今もよく見る球体タンクはこんな風にできていたのだ。

最強の金属

ゼノたちもいろいろ準備していた。

金属を溶かすための方法のひとつらしい。

電気式のIHクッキングヒーターで、炉の熱では説かせない超合金をその熱で溶かすらしい。

一方千空たちも進んでいた。

ガスタンク製作後、生ゴミのガスが液化燃料に変える「フィッシャー・トロプシュ法」を実現する機械を作っていた。

これでニューペルセウス号の燃料ができる。

ニッケル、クロム、モリブテン、チテンなどが並んでいてこれらの金属を混ぜ合わせることにより、最強金属「インコネル」を作るのだという。

これはロケットエンジンを可能にする最強の合金だそう。

ただ、そんな最強となると、加工するのも難しい?しかし、すでにゼノには考えがあるようだ。

そしてゼノの指示のもと、どんどん作業が進んでいく。

敵だった味方だったではなく、ひとつの目的のために進んでいく日々。

ロケットエンジンLv.1

そしてついに千空が作った液体燃料とゼノが作ったエンジンが合わさる時が・・・!そして合わさって完成したロケットエンジンLv.1!そのあまりの迫力に大興奮だが、まだまだ宇宙船を飛ばすには程遠くさらなる改良をしてLv.99までに到達しなければならないとゼノはいう。

しかし一歩進んだことは確か。

ゼノと千空は空を見上げながら、ゼノはいう。

「おお、千空、君と僕は明日から別の道を歩みというわけだ」と。

そして千空はそれを知っていたかのように肯定するのだった。

その意味はまだみんなは知らない。

それぞれの道

龍水は「俺達は3チームにわかれる」を宣言する。

役割分担をさらに分けてそれぞれ同じ目的で作業するとのことだ。

ゼノ率いる超合金の街にで「残るチーム」。

彼らは引き続きロケットエンジンLv.1をどんどん進化させていく。

コーンの街へ「戻るチーム」はアメリカ本土の全員復活させ、コーン生産を軌道に乗せる人類復活の源を築き上げる。

そして千空は「進むチーム」で新たな街へ。

ここから大西洋を渡り、日本到着までに宇宙船の素材をかき集める未来の開拓者として進んでいく。

ゲンは一体何年かかるんだと泣き言をいうが、そんな弱気な皆に「ニューペルセウス号」をお披露目する。

皆のテンションを爆上がりだ。

そして、性能も抜群。

旧ペルセウス号ならば、40日かかった太平洋も新ペルセウス号であれば、わずか1週間で走破できるという。

それを知ったからなのかなんなのか分からないが、クロムの目には涙が。

本人も何故か分からない嬉しい涙が溢れた。

そして千空はもっと先を見上げるのだった。

今回のネタバレ感想まとめ

ゼノと千空がタッグを組むと、もう怖いものなしですね。
最初は憧れで、出会ったときは敵になり、今は仲間として共に歩んでいく、とはなんだか考え深いものがありますね。そしてゼノのおかげで役割分担ができて、作業がぐっと早くなりました。
そんなどんどん進んでいく科学を目の当たりにできるのはうらやましいですね。どこかで聞きましたが、この漫画、東大生も勉強になるとのことらしいです。楽しく学べるって最高な作品ですね。少し話はそれましたが、さらに役割分担して3つのチームに。そしてみんな一時的な離れ離れです。効率がいいのはわかっていますが、なかなか寂しいものですね。でも、人類の存亡は彼らにかかっているのですから、がんばってほしいです!!

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)