漫画ネタバレタイムス 「Dr.STONE(ドクターストーン)」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ドクターストーン204話ネタバレ『宇宙は数学という言語で書かれている』インドで復活させる人物の正体は!?

ドクターストーン ネタバレ

週刊少年ジャンプ2021年32号(7月12日発売)の『Dr.STONE』第204話!
スエズ運河を爆発させた石神千空たち。
無事に開通ができ、そのままインドへ直行!
月旅行のために着々と進んでいく。

前回 今回 次回
203話 204話 205話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:稲垣理一郎「Dr.STONE 204話 」

インドで復活させる人物

インドでまず復活させたいのはもう決まっているようだ。

それはSAI。

それは「100万人分の頭脳を持つ天才数学使い」であるらしい相当の人物である。

「宇宙は数学という言語で書かれている」というガリレオ・ガリレイの言葉通り、この宇宙ではありとあらゆる事象が数学で証明されている。

つまり、月面旅行に行くためにはSAIは必要不可欠な人間なのである。

千空は「宇宙に行く際に軌道計算が小数点レベルの誤差を生み出した場合、乗組員が全員命を落とすことになり得る」という。

かなり難易度の高い数学のノウハウが必要になるのである。

インド到着

西暦5750年10月1日、ニューペルセウス号はインドに到着したのだった。

上陸した千空たちはさまざまなスパイスを集めてカレーを作り始める。

その美味しさに驚くのだった。

そして翌日。

捜索開始!
だか、この広いインドからSAIの位置を特定しなければならない。

龍水の推測が「SAIは数千年前に最初の石化光線が地球に降り注いだ時、学校の屋上にいた」。

それを基にチェルシーと千空で位置を特定していくらしい。

石化したSAIの現在地をなんとか見事に見つけたのか、千空たちが目印をつけた地点を掘り進めていくと、なんと4人の中が埋まっていた。

その中の1人がSAIであったのだ。

そして早速彼を復活的をかけて、復活させていく。

SAIの正体

復活させたSAIは、しっかりとお礼を言うのだった。

見た目は普通の青年。

しかし、そばにいるある人物に気づく。

それは龍水であった。

そうすると、SAIは「ピギャアアアア」と大声を発し、その場から逃げてしまうのだった。

逃げる彼をなんとか龍水の指示でコハクが捕まえた。

するとSAIは逃げた理由を話し出したのだった。

それは、「龍水と一緒にいたくない」からだというのだ。

なぜだと驚く一行。

そう、そういうのはこれのSAIの名前は七海SAI。

つまり、龍水の兄であったのだ。

七海財閥に戻りたくないのだとつづる龍水。

そんな苦手な意識のある龍水に協力してくれるのか?

今回のネタバレ感想まとめ

着々と月面旅行への道のりに進んでいますね。無事にインド到着。インドが数学に強いとは全然知らなかったです。本当にこの作品は勉強になりますよね。現実で可能なことをわかりやすく説明してくれる、素晴らしいです!そして、話は戻り、その中の100万人分の頭脳を持つ人物って何者だよって思いましたが、なかなかの好青年でしたね。龍水を見た途端の豹変ぶりと言ったらないですね。そして、まさかの龍水のお兄ちゃん!でもSAIという名前だからやはり異母兄弟とか何かでしょうか?ちょっと2人の関係をもう少し詳しく教えてほしい!気になるところです。きっとこれから書いてくれるかな?期待しています。でも苦手は龍水とタッグを組んでるくれるのでしょうか?心配なところですね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)